住んでいた家では夜に不思議な音がした|事故物件は売却できるのか!?

住んでいた家では夜に不思議な音がした

私が住んでいる家には様々な現象が起こるので恐怖を感じることもあります。以前は夜に不思議な音がするという経験をしました。鉄の棒をぶつけたような、コーンという乾いた音です。私はこの現象が気になったので夜でも外を見張っていました。しかし、私は結果的には何の発見もできなかったのです。

 

家族に夜の音の話をしてもあまり聞いてもらうことができませんでした。なぜなら、家族はこの家にずっと昔から住んでいるためです。今になって驚くことは何もないという様子です。しかし、私は夜の不審な音に悩まされてあまり眠ることができませんでした。

 

家のことを考えてみると少し古いという印象でした。この家は戦前からあるので何か恐ろしい力があるのかもしれないと考えました。しかし、実際には夜の音だけで大きな現象は起こっていないのです。私は不思議になってその後も異様な音に悩み続けました。

 

ある時、私は家の屋根が古くなっていることを確認しました。そこで屋根に登って様子を見ることにしたのです。屋根には何かの箱のようなものが置いてあったので驚きました。私はその箱を開けないでそっとしておきました。なぜなら、異様な雰囲気がその箱から漂っていたためです。家は昔からあるので何かの呪いに巻き込まれないか心配でした。

 

私は家族に屋根の箱の話をしないで過ごしました。その後も異様な音は続いたのですが、私が大人になる頃には感じなくなっていました。しかし、屋根にあった古い箱と異様な音が関係しているのかはまだ分かっていません。恐らく今でもあの箱は屋根に保管してあると思います。

 

事故物件売却はこちらから