自宅に何人もの幽霊がいました|事故物件は売却できるのか!?

自宅に何人もの幽霊がいました

今でも住んでいる家に昔、幽霊がいると言われたことがありました。

 

きっかけは私が寝ているときに起きたことでした。高校生の時に夜中寝ていると背中をドンドンと何度か叩かれたような気がしました。「なんだよ。痛いなあ。」と寝ぼけながら目を覚ますとベッドの足元に人が立っているような感じがしました。

 

右の足元側が部屋の四つ角の一つだったのですが、そこに人が立っているように見えました。感じとしては光がうっすらと集まって人を形づくっているようでした。

 

その後も、夜中に家へ帰宅した際に、真っ暗な廊下を歩いて部屋に入っていくと、突然その光の人のようなものが私の目の前に現れてはっとしたことがありました。

 

その話を知人にしたところ、守護霊が見えるという人のところへ連れて行ってくれました。その方は、なぜか私が家の説明する前から、間取りが分かっているようで、こことここにお化けがいるよと教えてくれました。

 

だいたいのお化けは私が連れてくる、とも言われました。私は当時ちょっとした音楽にのめり込んでいたので、幽霊たちはそうした楽しそうなところへついてきてしまうものだと教えてくれました。音楽を聞きながら自転車に乗っていると後ろに乗って私が運んでしまうのだと言うのです。なので、なるべく外で声を出して歌わないようにしました。

 

それから、お風呂場にいて、排水溝に溜まった髪の毛を食べている幽霊もいると言われました。なんだかその話は気味が悪かったので、なるべくそれからは溜まった髪の毛は何かに包んで捨てるようになりました。

 

それ以降あまり怖い経験はなくなりましたが、今思うと不思議な経験でした。

 

事故物件売却はこちらから