呪われた平屋の一軒家|事故物件は売却できるのか!?

呪われた平屋の一軒家

私の親戚に幼い頃父親を事故で亡くしてしまった人がいます。その事故にまつわる話でいまだに親戚の中では不思議なこととして話されているある出来事があるのです。 それはその親戚が三歳の頃まで過ごしていたある家にまつわる話です。その家というのはまだ生きていた頃のその親戚の父親が知り合いから紹介してもらったものだそうで、その当時でもかなり珍しくなっていた平屋の木造一戸建てでした。家賃が安く紹介してもらったときにはすぐに住むことを決めたのだそうですが、そこに住み始めてから徐々に嫌な噂を耳にするようになりました。 その噂はそこに住むと一家の大黒柱が不幸な目に遭うというものです。親戚一家の前に住んでいた人たちも何人も大黒柱が事故や病気で亡くなっており、なかなかその家に長く暮らす人というのは現れなかったそうです。ただそんな噂を聞いても迷信だと親戚一家は気にすることなく、そこに暮らしていました。すると二年後に父親が事故で亡くなってしまったのでした。 やはり噂は本当になってしまったこんなことならその家に住まなければ事故に遭うこともなかったなどとその後親戚一同が集まったときに話をすることもあったようですが、どちらにしろ、もうその家では暮らせないと事故後すぐに引越しをすることになったのです。 こういった話を私は母から聞いたのですが、実際親戚の父親が亡くなっていることもあり、ただの偶然では決め付けられない話だなとそう感じました。
事故物件売却はこちらから