気配を感じて落ち着かない怖い家|事故物件は売却できるのか!?

気配を感じて落ち着かない怖い家

家の中でいたるところで「気配」を感じます。

 

その気配は、台所からトイレの前、座敷など色々な場所で感じるのです。ですから、どこにいても落ち着きません。時間は暗くなってから朝方にかけて、ずっと感じます。

 

特に強く感じる場所は、座敷です。座敷の床の間と押入れの場所からとても強い気配を感じます。座っていても後ろばかり振り返り、やはり落ち着きません。 近頃はお風呂場でも感じます。この前は、お風呂場の壁を拭いているその後ろに気配を感じました。お風呂場ではあまり感じたことはないので、まるで私を追っているかのようで気持ちが悪いです。

 

また、そのお風呂場の外の廊下部分にも気配を感じます。誰かが歩いているような気配を感じます。 2階のトイレと私の部屋はすぐ目の前にあります。その場所から気配がしてなりません。真っ暗にして部屋でトイレ側に足を向けて寝ていると、足元から金縛りにあいそうになりました。「あっち行け!」と強く訴えたところ、スーッとその金縛りがとけました。あのままの状態だったら、首まで動けなくなってしまったと思います。

 

その部屋のすぐ目の前の廊下には、どうも誰かが歩いているような気がしてなりません。子供時代には、そこで大きな黒い影を見た事があります。 台所でも気配を感じます。いつも私の後ろ側にある部屋の角が気になるのです。そこだけが強い気配を感じ、本当に困ります。その気配も、そこだけは怒りを感じます。ソワソワしてしまい、座っている事ができません。

 

気配を感じて落ち着かない怖い家|事故物件は売却できるのか!?