飼い猫の霊がいる?|事故物件は売却できるのか!?

飼い猫の霊がいる?

独身の時に住んでいたマンションに住み始めて一週間ほど経った時、夜中に玄関で物音がするのです。 玄関の外からドアをひっかいているような気配がありました。 ドアスコープから覗いてみても、何も見えません。 恐怖に固まりながら様子を伺っていると、5分ほどで物音がやみました。 さらに2、3分時間を置いてドアを開けてみると、廊下には誰もおらず、ドアに異常もありませんでした。 怖かったので、翌日から当時つきあっていた彼に泊まりに来てもらい、音の正体を確かめることにしました。 すると、やはり夜中に玄関先で物音がします。 思い切ってドアを開けると、やはり異常はないのです。 その後、同じマンションに住む方と親しくなり、物音の事を話したところ、「もしかしたら」と話してくれました。 私の前に住んでいた方は、初老の女性で猫を飼っていたそうです。 ある日、廊下から猫がドアをひっかいている姿が目撃されたそうです。 執拗なまでの様子に不審に思った住人が大家さんに相談し、部屋のドアを開けると、そこで初老の女性が亡くなっていたそうです。 その後、猫は保健所に引き取られたそうです。 私は、その話を聞いたその直後、不動産屋に向かい新たな物件を探し引っ越ししました。
事故物件売却はこちらから