愛知県の事故物件|事故物件は売却できるのか!?

愛知県の事故物件

愛知県で、一軒家の事故物件を借りた時の話です。 明らかに相場より格安(あまりにも安すぎ)なのに、結構綺麗な物件でした。

 

ただ、一つだけ条件がありました。

 

前の住人の残留物を絶対に処分しないとのことだったのです。 他の人が借りない理由がわかります。服やタンスもそのままだったので結構困りました。 「試しに住んでみるが、絶対使い勝手が悪いので、すぐ出るかもしれない」ということを不動産会社に伝え、自分の荷物を搬入し、一日目は無事終了しました。 二日目は、家を探索。特に残留物がたくさんあること以外は気になりませんでした。

 

一週間くらいしたあたりでしょうか、とんでもなく倦怠感に襲われ、会社に行くのも億劫になり始めました。 そして、なぜかやけに近所の方々が優しいのです。 まだ越してきて日も浅いのに夕飯に誘ってくれたり、一緒に酒でも飲もうと誘ってくれたりするのです。 今思えば、あまり家に居させないようにしてくれていたのだと思います。。 そして二ヶ月すぎた辺りからです。 変な夢を見るようになりました。

 

そしてそれは、自分が首を吊る場面の夢なのです。 頻繁に見るようになり、徐々に私はノイローゼ気味になってしまいました。 結局その一週間後、その家は引き払いました。 あとから確認したところ、自分の寝ていた部屋で首吊り自殺があったようです。

 

いわゆる事故物件というやつだったのですね。

 

愛知県の事故物件|事故物件は売却できるのか!?