愛憎うずまく訳アリ物件|事故物件は売却できるのか!?

愛憎うずまく訳アリ物件

子ども達も大きくなってきて、そろそろ走り回れる様な庭付きの家が欲しくなってきました。しかし、私達は、そんなに収入も多くなく、新築は、諦めて、中古物件を探し始めた頃の事です。お世話になっている不動産屋から、「とても良い邸宅が格安で売られる事になったそうです。見に行きませんか?」と連絡をくれました。早速、不動産屋の営業マンさんと夫と、その邸宅を訪ねてみると・・・。とても大きな家でした。こんな立派で庭付き、カーポートつきの家なのに、あの値段とは不思議ですねぇ、と言う私達に、「家主さんが、すぐにでも売却をなさりたいそうです。」との説明。鍵を開けて中に入って、まず、驚きました。とても、綺麗な家ですが、人の気配がするような雰囲気なのです。どうしてかと言うと、荷物が全く住んでいたままだったのです。飾られたまま枯れた花は訳ありげでしたが、玄関に並べられた靴や子どものお稽古バックらしきもの・・。リビングに入って、テーブルの上を見た私達は、凍りつきました。恐らく奥様の書かれた手紙でしょう。旦那様が愛人に走り、事業にも失敗して、夜逃げした顛末がうらみつらみをこめて書かれていました。そして、隣におかれたマグカップには口紅の跡が。怨念を感じてしまい、そのまま私達は物件をあきらめ、立ち去りました。
事故物件売却はこちらから