中古住宅を購入して起こった出来ごと|事故物件は売却できるのか!?

中古住宅を購入して起こった出来ごと

私は今、昼間は実家にいます。夜になって夫が帰ってくると家に戻ります。 理由は、昼間に訪れてくる人達が原因です。 私が今住んでいる家は、中古住宅です。家を探していた時に、この家がちょうど売りに出されたばかりですぐに決めました。 築年数はまだ、7年しかたっていませんでした。それに、前の住人の人は老夫婦だったらしく、家の状態がとてもきれいでした。リフォームなしでもそのまま入居できるぐらいでした。 私たち夫婦はとてもいい物件を見つけたと、喜んでいました。 でも、住み始めて1か月ぐらいにインターホンがなったので出てみると、知らないおじいちゃんがたっていました。 不思議に思っていると、おじいちゃんは何も言わずに帰っていきました。 それからも、度々来ていたようで、インターホンの録画におじいちゃんの姿が映っていました。たまに、おじいちゃんの横におばあちゃんがいるときもありました。 ちょっと気味が悪いと思い、近所の人に聞いてい見ると、そのおじいちゃんとおばあちゃんは前にこの家に住んでいたと教えてもらいました。 その老夫婦は、借金の返済で家を手放さなくてはならなくなったそうです。 きっと、家に未練があるのでしょう。 事情はわかりますが、私は怖くなって昼間は実家にいることにしました。 今はまだ、インターホンを押すだけですが、思い詰めていったらどうなるかわかりません。 今は警察に行ったほうがいいか悩んでいます。
事故物件売却はこちらから