鍵をかけていないのに鍵がかかる怪奇現象|事故物件は売却できるのか!?

鍵をかけていないのに鍵がかかる怪奇現象

以前住んでいたアパートでゴミ出しに出ました。 アパートの脇にゴミ集積場があったのですぐそこです。 当然のように鍵なんて掛けませんでした。 ゴミを出して戻って丸いノブを回します。開きません、あれ、何で鍵掛けてないのにそう思って何度もガチャガチャノブを回しますが開きませんでした。 二階建てアパートの一階なので、窓側に回りますがカーテンを掛けているので、中は明かりが付いているけれど見えません。 当然サッシの鍵も掛けていますので入る事も出来ずにいました。 スウェットの上下で11月の夜は寒いです。 お金も持ってないし、携帯も部屋の中だし、何も持っていないのでうろうろガチャガチャそうこうしていると隣の部屋のOLさんが帰宅しました。 事情を説明して、大家さんを呼んでもらい、大家さんが持っている予備の鍵で普通に開きましたが、どうして掛かったのか不思議でした。 それで開いたあとにノブを回していたら、何回かに一度ドアの横から鍵を掛けると出て来る棒のような鉄の部品が出っ張る事があるのが分りました。 これが原因か、大家さんもOLさんも最初は私の言い分を疑っていた感じで、鍵掛けたあとに無くしたのではないのかと訝しんでいましたが、その状態を一緒に見ていたので最終的に私の言っていた事を信じてもらえました。 そのあと大家さんが鍵屋さんを手配してくれて、その後は何事も無く過ごせましたが、初めはゴミ出しの間に泥棒でも入ったのか、それとも怪奇現象かと思いました。
事故物件売却はこちらから